酔鯨

SUIGEI

SUIGEI JOURNAL

最新号

  • SUIGEI JOURNAL 2022年7月号 表1
  • SUIGEI JOURNAL 2022年7月号 表2
  • SUIGEI JOURNAL 2022年7月号 表3
  • SUIGEI JOURNAL 2022年7月号 表4
7月号2022
特集feature

半世紀に感謝、そして未来へ

50 周年を迎えてのご挨拶

弊社は本年度3 月9 日に株式会社へ改組し50 年を迎えました。私の祖父、窪添竜温が創業した当初は、素人集団でお酒造りを行っており大変苦労し、数々の失敗を重ねたそうです。

  1. 50 周年を迎えてのご挨拶~代表取締役社長 大倉広邦~
  2. ありがとう50 th 、SUIGEI HISTORY & VISION MAP
  3. 酔鯨酒造× さかいゆう
    50 周年記念特別コラボレーション
  4. 酔鯨が買えるお店
  5. 酔鯨が飲めるお店
  6. 酔鯨スペシャルサポーター
    水越愛華のほろ酔いインスタライブ
  7. 「れのわ」だからこそ体感できるお料理とのペアリング

バックナンバー

    • SUIGEI JOURNAL 2022年2月号 表0
    • SUIGEI JOURNAL 2022年2月号 表1
    • SUIGEI JOURNAL 2022年2月号 表2
    • SUIGEI JOURNAL 2022年2月号 表3
    2月号2022
    特集

    春へ向かう食卓とともに

    ふくよかでスッキリ。
    新しい顔になった
    純米酒「れのわ」の魅力

    寒さも少しやわらいで春のきざしを感じる今日この頃。とはいえ、まだまだ寒い日が続きますので、皆様くれぐれもご自愛ください。
    この度「酔鯨 純米酒 れのわ」をラベルリニューアルする運びとなりました。ここに、新しく生まれ変わった「酔鯨 純米酒 れのわ」に込められた魅力とストーリーを改めてご紹介させていただきます。

    • SUIGEI JOURNAL 2022年1月号 表0
    • SUIGEI JOURNAL 2022年1月号 表1
    • SUIGEI JOURNAL 2022年1月号 表2
    • SUIGEI JOURNAL 2022年1月号 表3
    1月号2022
    特集

    幕開けは食文化とともに

    良きお酒を造ることに
    全力で向かう決意。
    今年も、これからも

    新年明けましておめでとうございます。新型コロナウイルスによるパンデミックの発生から、はや2 年が経過しようとしております。新しい生活様式への適応、感染症対策など、変化に追いつくのが大変な2 年間でした。明るい兆しを少しずつ感じてはいますが、自粛のなか、日本酒業界も非常に厳しい状況が続いています。こうした中、弊が万全の体制で無事にお酒造りを行えておりますのも、ひとえに皆様方からの暖かいご支援のおかげと深く感謝し、これまで以上に「良きお酒を造る」ことに全力で臨む決意です。

    • SUIGEI JOURNAL 2021年12月号 表0
    • SUIGEI JOURNAL 2021年12月号 表1
    • SUIGEI JOURNAL 2021年12月号 表2
    • SUIGEI JOURNAL 2021年12月号 表3
    12月号2021
    特集

    ゆく年来る年、街灯り

    土佐蔵初の純米大吟醸。
    一年の終わりと始まりが
    穏やかであれと願って

    酔鯨酒造は 12 月 3 日より、「酔鯨 純米大
    吟醸 しぼりたて 冬びより」を発売いたしました。
    「しぼりたて」とは、発酵の進んだ醪を圧搾機で
    搾ったばかりのフレッシュで貴重なお酒です

    • SUIGEI JOURNAL 2021年11月号 表0
    • SUIGEI JOURNAL 2021年11月号 表1
    • SUIGEI JOURNAL 2021年11月号 表2
    • SUIGEI JOURNAL 2021年11月号 表3
    11月号2021
    特集

    美しい「時」に安らぐ

    純米大吟醸D A I T O 2 0 2 1 発売開始、
    唯一無二の美味しさを求めて。

    酔鯨の最高級酒「純米大吟醸 DAITO 2021」が、いよいよこの秋、発売開始となります。今年で誕生 6 年目を迎える DAITO は、高度な醸造技術で醸された日本酒最高峰の純米大吟醸です。2021 年アーティストは、ガラス作家として活躍するイイノナホさん。デザインコンセプトは「時の素描を嗜む一杯」。光と戯れる繊細な感性が生み出す美と優しさあふれる作品に、皆さまの幸福と可能性に満ちた日々が重なりますよう、願いを込めます。